発生した時の対処方法

男性医師

気になる対処方法や費用

いぼは身体のどこにでもできるものであり、注意していても誰でも発生する可能性があります。原因の多くはウイルス性であり、免疫力が低下している時などに小さな傷から侵入し発生します。命に関わるような事はありませんが、自然に治るものではなく時間をかけて大きくなったり数が増えたりする性質があります。発生する部位により見た目にも影響を及ぼすものなので、早めに対処する方が良いと言われています。早めに対処する目的は見た目の改善だけでなく、医療機関で皮膚悪性腫瘍か否かも確認しておく必要があるからです。ほとんどは良性ですが、稀に悪性である事もあるので、安心を得る事も含めて皮膚科や美容整形外科に通院すると良いでしょう。いぼは以上の事から早めに切除するにこした事はありませんが、対処方法は様々あり迷う方も多いです。切除方法としては一般的に多くとられている方法としては液体窒素によりウイルスを凍らせて死滅させる方法です。痛みは部位によって異なり、顔や首など皮膚が薄い場所では多少痛みを伴います。我慢できない程ではないのですが、その後色素沈着があるので目立つ場所にはレーザー治療が適していると言われています。レーザー治療は皮膚科でも美容整形外科でも受けられ、勿論医師が施術を行います。麻酔クリームを使用するので痛みはほとんどなく、施術時間も短く切除跡も残り難い特徴があります。アプローチの方法はいぼの状況や部位によって最適な方法は異なるので、医師と相談して選択していくと良いでしょう。以上の様に、いぼは自然には治らないので医療機関に相談する事が推奨されています。いぼの種類や発生した部位により、切除する方法は様々です。医療機関で施術を受けられますが、医療機関といっても全ての治療が保険適用というわけではありません。費用や施術内容の特徴、そして自身の希望により切除方法を選択する事ができます。勿論医師より提案も受けられるので、それを参考にして検討する事ができます。多くとられている液体窒素ですが保険適用であり、費用は健康保険3割負担と想定した場合でも1000円程で受けられます。ただし1回で完了するかは状態によるので、稀に数回通う必要がある場合もあります。その際も1回1000円程費用が必要です。肘や膝など皮膚が厚く普段は服を着ていて目立たない部位には、保険もきいて効果もあるこの方法を選択する方が多いです。レーザーは痛みもなく施術時間も5分で、1回の治療で切除する事ができます。跡も残り難いので早く治したい方には適しています。ただしレーザーによる切除は保険適用外なので、手術料は自己負担になり1か所で5000円程かかります。皮膚科でも受けられますが、レーザー治療を多くこなしている美容整形外科で受ける方が多いです。以上に様に切除方法にも保険適用の違いや特徴があります。これ以外にも手術が苦手な方向けの治療方法もあります。市販の治療薬は気軽に始められ、様々な研究が行われた結果販売されているので効果も期待できます。内服薬ではヨクイニンという漢方の成分がいぼに効果的で、医療機関から処方される保険適用のお薬です。飲み続ける必要があり即効性はありませんが、1ヶ月分で500円程の費用で治療していく事ができます。この様に手術が苦手な方でもいぼの治療を行う事ができます。

Copyright© 2018 いぼ切除で悩みを解消【一度手術を行うだけで気になるいぼを消す】 All Rights Reserved.