肌トラブルの解消方法

男性医師

種類と手術方法

肌に出来てしまういぼは、形や大きさによっては大きなコンプレックスになってしまうこともあるので、気になる場合は切除の手術がおすすめです。いぼには、様々な種類があり、それによって切除の方法も異なります。例えば、ウイルスが原因で出来てしまうものです。原因となるウイルスはヒトパピローマウイルスや、モルシボックスウイルスなどの種類です。抵抗力の弱い子供や老人に出来やすく、また一個出来てしまうと転移しやすいという特徴があります。そのため、放っておくとどんどん拡散し数が増えていきます。もう一つが、老人性いぼと呼ばれる種類です。これは、若いころから多量の紫外線を浴びてきたことや、遺伝的な要素が原因としてあげられます。メラニン色素と一緒に出来やすく、首や顔などに現れることが多いことが特徴です。色素として定着してしまうので、一度出来ると消しにくく、また見た目も老けて見えてしまいます。他にも様々な種類があり、原因や見た目はそれぞれ違います。それによって、切除の方法も異なってきますので、まずは自分のいぼがどのような種類でどのような形状かを知ることから始めましょう。突起しておらず、色素が薄い場合には市販のクリームなどで除去出来る場合もありますが、毎日のケアが不可欠であり、また効果が出るのに時間がかかってしまいます。なかなか効果が現れず途中でやめてしまう人も多いので、やはり皮膚科や整形外科で切除手術を受けるのがおすすめです。一度手術を行うだけで気になるいぼを消すことが出来るので、積極的に利用してみましょう。では、それぞれどのようにして切除を行っていくのでしょうか。まずは、ウイルス性のいぼの場合です。この場合よく用いられる方法は、液体窒素を使った方法です。マイナス196度の超低温の液体窒素を、めん棒やピンセットなどにつけて患部に当てます。原始的な方法ですが、効果は高く痛みを感じることも少ないです。またこの治療は何回かに分けて行うことが多いですが、保険適用になりますので費用はそれほどかかりません。いぼの数や形によって行う回数は変わりますが、数回行えば綺麗になくすことが出来るでしょう。また老人性いぼの場合には、レーザーを使った治療などがよく用いられます。特殊なレーザーを患部に照射することで、肌の中に沈着しているメラニン色素の細胞を壊し、消すという方法です。レーザー治療は痛みも少ないため、人気でよく使われる方法です。また、形状によってはメスを使って直接切除するという方法がとられる場合もあります。メスを使った手術では、いぼごと肌をごっそり取り除くので、再発の心配もなく、必ず一度で治療が終わるというメリットもあります。ただ、麻酔をかけて行うので術後に痛みや腫れを伴うこともありますので、何日間か安静にする期間が必要となります。選択する場合には、医師とよく相談して決めましょう。他にも、クリニックによって様々な切除方法があります。保険適用の場合もあれば、ならない場合もあるので費用については必ず確認することが大切です。気になるいぼを切除して美しい肌を手に入れ、自分に自信を取り戻しましょう。

カウンセリング

気になる肌トラブル治療法

気になるいぼを切除するためには、まずはクリニックにて検査が必要です。良性のものか悪性のものかで、費用や治療方法が異なるからです。治療後は安静を心がけ、禁止事項はしっかり守ることで正しく効果を得ることが出来ます。

顔に触れる女性

医療機関に診てもらう利点

いぼの治療は市販薬から切除手術まで方法は豊富です。だからこそ自分に合う方法を選択する為には、ある程度の知識は必要です。しかし忙しい現代では負担になる事から、まずは医師に相談する事で最適の方法を一緒に検討する事ができます。

男性医師

発生した時の対処方法

いぼは自然に治らないので早めに受診し切除するにこした事はありません。切除方法は液体窒素やレーザーなど希望やいぼの状態によって医師と相談しながら決められます。手術が苦手な方には内服薬もあり、特に子供にはこの治療法が適していると言われています。

Copyright© 2018 いぼ切除で悩みを解消【一度手術を行うだけで気になるいぼを消す】 All Rights Reserved.